膝痛の原因

膝痛の原因を説明

メニュー
新着記事一覧

膝痛の原因

膝は人の体重を支えている箇所であり、また、屈伸が多いために疲れがたまりやすい関節です。
そのため、一般的に、軟骨の磨耗も大きい関節となっています。
そんな膝が痛むのが、つらい「膝痛」ですが、膝痛の原因にはさまざまなものが考えられます。

まず、膝痛の大きな原因の一つめには、肥満があります。
肥満になって体重が増えると、歩いたり、走ったりなどの移動のたびに、膝に大きな負担がかかってしまいます。
そのため、太っている人が膝痛を訴えることは、やはり、多いようです。

また、膝を酷使する仕事やスポーツなどを長く続けている人も、膝痛が発生しやすいと言えるでしょう。
他にも、大きな原因として、加齢によるものということがあります。
老化によって、膝の軟部組織の磨り減りや潤滑油の減少が起こり、これが痛みの原因となるのです。
また、加齢により骨密度が減少して骨が弱くなると、関節への負担が増え、これによって膝痛が強くなるという原因が考えられます。
肥満や加齢の他にも、膝痛は、ストレスが原因である場合もあるそうです。

また、内臓器官、特に、泌尿器系統の疲れや不具合から来ることもあります。

他にも、骨のゆがみ、つまり、骨盤、足関節、股関節などの位置に狂いがあって、その影響が膝に出ていることもあるそうです。
体のゆがみの分かりやすい例としては、O脚やX脚の人の場合があります。
足がO脚やX脚ですと、膝の内または外の片側に負担が集中する傾向があります。
このため、膝に痛みが生じやすくなってしまのです。
ひどい場合には、本格的な治療が必要な場合もあるようです。

このように、膝痛の原因は、本当にさまざまです。
膝は、とても大切ですが、同時に、酷使されている関節だと言えます。
当サイトで辛い膝痛を軽減する方法を見つけて、いつまでも元気に動き回れるような体でいて頂けたらと思います。



メニュー